コンビニ・病院・事務所の照明をLEDに

LED工事は新橋電気にお任せ
LED工事は新橋電気にお任せ

ここ数年の間にコンビニや事務所の照明を蛍光灯からLEDに変更する工事が激増しました。LEDにするとCO2削減になるので環境にやさしいとか、省エネ効果があると言われていますが、わざわざお金をかけてまで工事するメリットがあるのでしょうか。

それではここで、従来から使われている照明と比べてLED照明がどれくらいの電力を削減することができるの検証してみましょう。

■従来の蛍光灯40WからLED照明22Wにした場合

(消費電力45%削減)

【LED照明1本あたり】
1日22W×24h=528W
1か月528W×30日=15840W
1年528W×365日=192720W
【従来の蛍光灯1本あたり】
1日40W×24h=960W
1か月960W×30日=28800W
1年960W×365日=350400W
1年使うとなんと157680Wも違います。
四国電力で1kwhで22円程度ですので
157.68kwh×22円で3469円の違いが出ます。
つまり1年で3,469円の節約&倹約ができるわけです。
コンビニで天井照明が50本あるところなら年間173.450円の費用削減につながるということです。

ではLED照明の購入費用はどれくらいかかるのでしょうか。

一昔前に比べてLED照明のコストは格段に低くなっています。当社が扱っている蛍光管タイプのLED照明を例にとると、導入工事費込みで1本あたり7.000円程度と、すでに1万円を大きく下回っています。

 

ですから蛍光灯タイプのLEDに変更した場合ですと、コンビニで1日の点灯時間が24時間、1年間の点灯日数が365日と想定して、約2年ちょっとで費用を回収できます。LED照明の定格寿命が4万時間であることから、同じ使用時間と日数で計算すると4年6か月の利用が可能であることのなります。十分に費用対効果があることを感じていただけると思います。

 

 

さらにLED照明には節電以外のメリットがあることをご存じでしょうか。LED照明は従来の照明と比べて、熱を発生しにくいという特徴があります。このため飲食店や専門店などでは、照明の熱による商品の劣化を防ぐことができます。さらに紫外線の放出量が少ないことから、虫が寄ってきにくいという効果もあり、屋外の照明に使うのにも適してるのです。

まさにいいことずくめなのです。つまり早めに取り掛かればそれだけお得なのです。

LED照明工事に関心をお持ちのショップオーナー,経営者,管理者の皆様は下記フォームより現在ご利用の蛍光灯の本数、ワット数、1日当たりの利用時間、ひと月当たりの利用日数をお書き添えの上、ご相談ください。導入効果を含め最適なプランをご提案いたします。

LED照明工事をお考えの皆様(以下のフォームにご記入ください)

メモ: * は入力必須項目です